畑の様子(5/5分を追記)

畑プロジェクト

5月5日

4月25日の草むしりで畑はすっきりしました。ラディッシュの収穫はほぼ終わりで、小松菜とルッコラが収穫時期です。藍をちょっと探してみましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

筋蒔きしたカブはぎゅうぎゅうの状態。
流石にこのままでは煮物にできないと思い、困ったときのgoogle先生に、サカタ先生を紹介してもらいました。
サカタ先生によると「間引きをして、土寄せをして、大きくしたければ肥料をあげなさい」と。
この日は間引きと土寄せをしてきました。後日、肥料をあげに行きます。
間引いたのは、美味しくいただきました。
ヒマワリの芽が出てきました。芽が出てくるまで、けっこうドキドキです。
これから草むしりをするときは細心の注意が必要になります。

4月15日

 4月14日にまとまった雨がありました。翌日の夕方、畑を見に行きました。畑についた瞬間に、青い!と呟いてしまいました。そう、スギナが一面に。

とうもろこしの芽です。
じゃがいもの芽が出てきました。

4月11日

 青々としていましたが、正体はスギナ。
 地下茎で伸びていき、抜いても抜いても出てくる厄介者です。ですが、スギナは深くまで根を張っており、深いところの養分を地表までもってきてくれます。そして、アルカリ性の植物であり、スギナが枯れ土壌に戻るときに、酸性に偏った土を中和してくれます。お茶にして飲んでもいいそうです。
 そのままスギナを育てると、作物が負けてしまうため抜きます。作物と触れているスギナを抜いてきました。

一直線に蒔いたから、生えてくればどれだかわかるはず、、、、。
じゃがいもはまだまだのようです。

4月4日

種まきから1週間。芽が出ているか気になり様子を見てきました。春野菜はボチボチ出ていました。じゃが芋と藍はまだでした。